postheadericon 学力に合った予備校を選択しよう

学ぶ子どもたち

”予備校は学力別にクラス分けされている

予備校は基本的には学力に合わせてクラス分けがされています。

これによって、自分の学力にあった勉強を教えてもらえます。

ハイレベルなクラスになると、周りとの競争も激しくなって、モチベーションアップに一役買います。

有名講師陣が直接授業をしてくれるのもポイントが高いです。

一方の家庭教師は、もちろん一対一なので自分のペースで学習できます。

”予備校は特定の大学対策もできる

予備校は特定の大学を受験する人たちを集めたクラスというのもあります。

そこではその大学の過去問などを参考に、効率的な受験対策まで教えてくれます。

これは家庭教師にはないタイプの特徴で、高いお金をかけるだけの価値があるといえます。

家庭教師のほうは、苦手分野だけを徹底的に繰り返すなどができますから学力の低い人におすすめです。

”予備校では面接の練習もできる

最近は面接が重視される学校も増えてきました。

予備校ではそういった大学を受験する人たちのために、面接の訓練までしてくれるのです。

家庭教師ではできないことなので、多くの人がわざわざ外に勉強なりを教えてもらいにいっています。

一方の家庭教師は、自宅でまったり勉強できるのがいい点です。

”学力に合わせて選ぶといい

基本的には学力が高くてハイレベルな授業を受けたり、ライバルと切磋琢磨したいのなら予備校がベストな選択になります。

学力があまり高くないのなら、家庭教師は向いているといえます。

予算の都合や、近くに塾があるかどうかということも関係してきますから、親と相談をしてじっくり決めるといいでしょう。

Comments are closed.